読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DREAMARK

WEBLOG

【大当たり?ハズレ?】2017年グレゴリーの福袋を購入したので中身を全て紹介します。

あけましておめでとうございます。これが今年初めての記事になります。
今回は、もう去年のことになりますがグレゴリーの福袋を予約していたものが届いたので紹介していきます。

福袋を買うのも何十年ぶり位でしょうか。福袋自体にあまりいい記憶がなくて、買わなくなっていたのですが今年はなぜか買おうという流れになりまして。
それでどこの福袋を買おうか迷っていたのですが、12月中旬頃から様々なメーカーやショップが福袋の予約受付を開始。どんどん完売していく中で、そろそろ決めなければなと思っていた所、アウトドアショップL-Breathの福袋が予約を始めると聞いて狙いを定めました。

まだどんな福袋が出るかは分からない状態で情報解禁まで待ち、いざ情報が解禁してマウンテンハードウェアの福袋を買おうと決めました。本当はノースフェイスとかあれば狙っていたのですが今回はなかったようです。

すぐに完売すると聞いていたので予約開始日になり予定時間にスタンバイ。しかしL-Breathのサイトに繋がらない状態が続く。福袋を買うのってこんなに大変なのかと思い買うのも無理かと思っていたら、サーバーの状況もあり販売延期という自体になっていたようです。
おそらく相当数の人が一斉に訪れたのでしょうね。後日販売時期の情報が出るということでしたが忘れていて偶然見た日に販売が再開されてました。
その時にはもうマウンテンハードウェアの福袋は完売。残っている中から、ある理由もありグレゴリーの福袋(15,000円)を購入予約しました。

グレゴリーの変換期

実は福袋の予約のちょっと前にグレゴリーのパデットケースSを購入しました。これはグレゴリーのバックパック(リュック)のショルダーストラップに取り付けられるオプション品です。ちょっと分かりづらいかもですが下の写真のようになります。

f:id:dreamark:20170104015708j:plain

小さいケースですが小物なんか収納出来て取り出しもしやすい位置にあり使い勝手も良いです。ちなみにiPhone6Sは横幅は少し余裕があって良いのですが、縦が長くてファスナーが締まりません。ケースを付けていると3センチ位はみ出します。ゆるゆるな感じではないのでファスナーを閉めなくても落ちることはないので、たまにiPhone6Sを収納してます。

パデットケースSを付けてるグレゴリーのバックパックはデイパックです。普通の製品よりも強度の高いナイロンを使用したHDモデル。MADE IN USAとなります。
2013年まではグレゴリーの一部商品(デイパック)の生産はMade in USAだったのですが、2014年からはアジア各国へと移っています。
そして2015年からはロゴも一新されました。上の写真のロゴは旧ロゴになります。今は変換期なので、通販だと新旧どちらのロゴが届くか分からないようです。私は旧ロゴのものが欲しかったので旧ロゴ限定での取扱のある店でパデットケースSを購入しました。カラーはコットンウッドカモ。この柄は実際にユタ州のリトル・コットンウッド渓谷で撮られた写真と草木や葉を使用したリアルなカモフラージュになってます。

新ロゴへの違和感と買った理由

私自身が20年近くこのロゴに慣れ親しみがあるので、どうして新ロゴよりも旧ロゴが良いかなって感じで新ロゴには馴染めませんでした。新ロゴは直線のような感じで、旧ロゴの前の更に旧ロゴを彷彿とさせる感じでもありますが。
懐古主義者ではないのですが結構大幅なイメージチェンジとなるとなかなか受け付けない自分がいました。
なのでこれからはグレゴリーではなくて、ミステリーランチに移行しようかなっていうのもあったのですが、そこでグレゴリーの福袋を見つけて、「自分で選ぶのではなくて強引に新ロゴを受け入れるようにしよう」自分で選ぶとなるとどうしても旧ロゴを選んでしまうと思うので、福袋に入ってるものを新ロゴとして自分の中に取り入れるという訳の分からない発想になりグレゴリーの福袋を購入しました。

いよいよ福袋が届く

前置きが長くなってしまいましたがここから福袋の中身を紹介していきます。年末年始は家を空けていたので福袋を受け取ったのは3日。
かなり大きな箱で届きました。ほとんどは紙のクッション。中から取り出した福袋がこちら。

f:id:dreamark:20170104023525j:plain

袋自体も結構大きいです。この袋のロゴがグレゴリーの新ロゴになります。
袋を開ける前の期待値はかなり高いです。でも以前の、福袋には良い思い出がないという一抹の不安も入り混じり、いざ開封。

いきなり大きなバックパックが入っている。この柄は…

f:id:dreamark:20170104024035j:plain

先程紹介したコットンウッドカモ柄です。自分的には大当たりです。しかもデイパック。完璧すぎます。しかし…新ロゴではなく旧ロゴ。この方が私としては嬉しいのですが新ロゴを受け入れる機会は他のバッグに任せるとしましょう。パデットケースとは違って大きな面で見るとコットンウッドカモの柄の迫力が増します。黒のデイパックは持っているので使い分けていけそう。
製造はフィリピン。中のスリーブなど細かい使用の変化がありました。現代版にバージョンアップされているようです。せっかく新旧のデイパックが2つあるので今度比較記事でも書いてみましょうか。
ちなみにデイパックの定価が21,600円なので既に元は取れてる。
※商品は全て小分けに透明な袋に入ってました。

続いて、見えてきたのがまたカモ柄。しかし今度は

f:id:dreamark:20170104024803j:plain

ディープフォレストカモです。トランスファーショルダーM。小ぶりなショルダーで財布とカメラとスマホが入る程度の大きさ。ちょっとした買い物など普段使いにはありがたいですね。これも当たり。あっまた旧ロゴですね。

続いては、なんでしょうか。トランスファーショルダーと同じ位の大きさ?

f:id:dreamark:20170104025506j:plain

そう思って袋から出して広げてみると先程より少し大きめのダッフルバッグXS。色はブラック。ショルダーにも出来るし容量は20リットル入るので使い勝手が良さそうです。これも当たり。そしてまた旧ロゴ。

そして最後に出てきたのがこちら。

f:id:dreamark:20170104025833j:plain

テールランナーのディープフォレストカモ柄です。小ぶりなウエストバッグ。容量や柄などがトランスファーショルダーと被ってますが自分でウエストバッグを買うことがないのでこれはこれで新鮮。全然外れという感じではありません。それにしてもまたしても旧ロゴ。全て旧ロゴでしたね。

まとめ

全部まとめて写真に写したのがこちら。

f:id:dreamark:20170104030411j:plain

  • デイパック コットンウッドカモ
  • トランスファーショルダーM ディープフォレストカモ
  • ダッフルバッグXS 黒
  • テールランナー ディープフォレストカモ

かなりのカモフラージュ率ですね。圧巻です。カモ柄が好きでは無い人からしたら大ハズレかもしれないですが、私的には全体的に大当たりでした。福がきましたね。

今回は旧ロゴ一掃のために良い物が多かった?ということかちょっと分からないですが、グレゴリーの福袋は外しがないとも聞いたことがあるので毎年こんな感じなのでしょうか。
全て旧ロゴで新ロゴを受け入れる機会を逃してしまいましたが、旧ロゴをこれだけ手にしたので新ロゴのグレゴリーを買う機会があるかどうか。

計4つで45,000円相当の商品。それが15,000円で買えてしまうのですからかなりお得ですね。さらに使えない物がない。1つ位使えるものがあればいいかなと思っていましたが、福袋の印象がひっくり返る位の衝撃でした。これはもう記事にするしかない!という感じで急遽ブログを書くことにしました。これは来年も福袋を買ってしまいそうな勢いです。

以上、2017年グレゴリー福袋の中身紹介でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。感謝。

Copyright © 2016 DREAMARK All rights reserved.